Welcome!

私のフィレンツェの宝物

1年以上







ソフィアのホテルのテラスから
朝の爽やかな青空に黄金のドームが一際輝いて見えます。






DSC_5536.jpg





アレクサンダル・ネフスキー寺院、
その壮麗さに圧倒されます。
ロシア人の建築家によって1882年に建てられました。
内部も豪華なシャンデリアで飾られ、
モザイク画やイコンの装飾が神秘的に映ります。




DSC_5643.jpg





キラキラ光る黄金のドームに
エメラルドグリーンの色使いが繊細で優雅です。
聖ニコライロシア教会の前を通りがかった時は
ちょうどミサが行われていたので
外観だけ撮りました。






IMG_0223.jpg





ブルガリアの通貨単位はレヴァ。
ユーロ圏外の旅行も久しぶりです。
固定レートで1ユーロは1.95583lv。
物価が比べ安く、感覚的にイタリアの半分くらいでしょうか。
ただ観光客の多いレストランや施設では
観光客価格が設定されていました。
それでもお財布に優しくて嬉しい。

相対的に高いなあという印象を受けたのはガソリンとワイン。
せっかくブルガリアにきたのだから、
土着品種のワインを飲みたかったのですが、
白ワインはほとんど国際品種でした。
暑いのでどうしても昼間は冷えた白やロゼを選んでしまうし、
夜も一本目は白を飲むことが多く、
あまり赤ワインを試せなかったのが少し心残りですが、
よく飲み、よく食べました。
写真は最初の夜に飲んだソーヴィニヨン。





DSC_5638.jpg




国会議事堂広場からアレクサンダル・ネフスキー寺院の深夜の風景。
手前はロシア皇帝アレクサンダル2世の騎馬像。


ブルガリアは国全体がのどかでのんびりした印象を受けました。
一般道では荷車をひく馬を何度か目にしました。
ホテルやレストランのサービスもどこかマイペース。

1989年に民主化が始まり、2007年にEU加盟。
急ピッチで変わってきたに違いありません。
この先どんどん変化を遂げていくのでしょうか?
10年後には西ヨーロッパ並みに物価があがって、
サービスの質のスピードも向上していくのかもしれません。

一味違った旅ができてとても充実した休暇でした。
短い期間でも車で周ったお陰で効率よく観光でき、
車窓からの風景も楽しみました。
それもずっと車を運転してくれた二人の友人のおかげです。
いつも笑い転げて、アッと言う間の一週間でした。



1年以上
DSC_5626.jpg




ブルガリアではソフィアと黒海沿岸のポモリエに滞在し、
移動の途中で第二の都市プロモディフや
元大関琴欧州のふるさとヴェリコ・タルノヴォを観光しました。
ソフィアからは日帰りでブルガリア聖教の総本山、
リラの僧院を訪れました。

ソフィアから南へ約120km、
高速を出てからは山道を少しずつ登って行きます。
車窓から見えるのは緑に蜂蜜売り、‘牛注意’の標識。



DSC_5629.jpg




アーチをくぐると壮大な修道院が佇んでいます。
標高1147mの山間に、
10世紀頃修道士イヴァン・リルスキーに建てられました。
その後1833年の火災でほぼ消滅し、
19世紀に再建されました。

聖堂の内部は撮影不可。
聖人を描いたフレスコ画で
天井から壁まで鮮やかに描かれています。




DSC_5635.jpg




唯一火災で燃えなかったのがこのフレリョの塔。
14世紀に建てられたままで残っています。

リラの僧院は世界遺産に登録されており、
世界中から観光客が訪れていました。




IMG_0270.jpg




観光の後はすぐそばのレストランで昼食。
ブルガリアの食事にあまり期待していなかったのですが、
意外に何を食べても美味しいのです。
特に野菜の美味しさには感動もの。
この茹でたじゃがいももほくほくとして自然の甘みが詰まっています。
ブルガリアではサラダにヨーグルトソースとディルを添えるのが定番のようで、
暑い日もサラダがさっぱり食べられました。




IMG_0264.jpg




イタリアと違い、ブルガリアでは注文しないとパンがでてきません。
『リラの僧院のパン』という名前にひかれて頼むと、
これがまたあったかくて素朴に美味しい。
周りのテーブルでお持ち帰りをしている人を数組見かけました。



IMG_0271.jpg




挽き肉料理も豊富。
こちらはケバプチェ。
ソースがなくても挽き肉にしっかり味がついています。




DSC_5623.jpg




車窓からよくひまわり畑が見えたのですが、
少し時期が遅くて枯れてしまっていました。
でも、今朝見たひまわり畑はまだ花が残っていて
とてもきれいでした。
一面のひまわり畑。
車を止めて撮影を楽しみました。




DSC_5616.jpg




ひまわりとミツバチ。



DSC_5621.jpg




ひまわりは元気をくれる花です。
三人笑顔いっぱいになりました。



1年以上




この夏、友達の旅行に合流してブルガリアに行ってきました。
フィレンツェから首都のソフィア空港まで直行便がないので、
行きはローマ経由、
帰りはボローニャまでの格安航空を利用しました。

東欧に行くのは初めて。
どんなところだろうなあと期待を膨らませながら出発。

夕方ソフィア空港に着くと友達が車で迎えに来てくれていました。
空港からホテルまで、車窓から見える標識は
キリル文字で表記されているので
何が書いてあるのかさっぱりわかりません。
英語表記があるところがあっても、
それをあてにしていると次はブルガリア語だけだったり。
これまで言葉が通じなくても
アルファベットが使われている国ばかり訪れたので、
目に飛び込んでくる文字がわからないと
こんなに不便なんだと初めて実感しました。
いきなり日本にくる外国人観光客の気分になったのでした。

翌日は黒海沿岸のリゾート地に向けて移動。
約400kmの道のりです。
ソフィアを出てからは延々と続く田園風景。
途中第二の都市プロモディフを観光して、
夕方には目的地ポモリエに到着。



IMG_0229.jpg




こんなド派手なホテルが並んでいます。
アパートメントタイプの宿泊施設も多く、
長期滞在のブルガリア人が多いようです。
翌朝ハンガリーのブタペストからご夫妻がいらっしゃり、
日本人5人で賑やかな休日になりました。



DSC_5585.jpg




まずは世界遺産に登録されている
歴史都市ネセバルを観光することに決定。
ブルガスの空港から30分強、北に向かって走ります。



DSC_5553.jpg




ボコボコの石畳の道に黒い木製の屋根、
花や緑が豊かな港町は観光客でいっぱいです。



DSC_5561.jpg




聖堂の遺跡が点在しています。



DSC_5550.jpg




海を見ながら潮風に吹かれて
飲んで食べて大満足です。




DSC_5580.jpg



可愛い家の前に腰かけていたおじいちゃん。


次の日はポモリエのホテルに近いビーチで過ごしました。
黒海って色が黒いのかと想像していたら
透明度抜群の海でした。
時折2人組で何か売っているのが気になって観察していると、
どうやらとうもろこし売りみたい。
ブルガリアではビーチでとうもろこしを食べるようです・・・。
こうして、のどかな一日が過ぎていきました。


1年以上





コンパクトで使い勝手のいい
このSonyのCyber-shotは本当に大活躍でした。
かれこれ10年近く、使いこみました。
記事を書き始めた当初はこのカメラで撮影していたし、
一眼レフを購入してからも撮るぞーという時以外は
これで手軽に写真を撮りました。

昨年末に携帯電話を新しくしてから
出掛ける時に
デジカメをサッとバッグにいれる機会が
圧倒的に減ってしまいました。
長年慣れ親しんだこのカメラに比べると、
携帯ではまだまだしっくりきませんが、
そろそろ引退の時期かなあと考えていました。

これまで出掛ける時も旅行の時も一緒で
数々の思い出を残してくれました。
これだけがんばってくれた
相棒に心から感謝。
お疲れさまでした!





1年以上





つつじの名所として知られる蹴上浄水場が
5月3日から6日まで一般公開されました。
4,600本のつつじを鑑賞する人々で賑わいました。



DSC_5520.jpg




曇っていましたが、
新緑に囲まれ京都の街を望める見晴らしのいい場所です。




DSC_5503.jpg




鮮やかなピンク、薄いピンク、白いつつじが
賑やかに咲いています。
翌日の新聞によると7分咲き。



DSC_5508.jpg




そういえば子供の頃、公園のつつじの蜜を吸って遊んでいました。
すごく甘いんです。




DSC_5515.jpg




太陽光発電設備の前では休憩所が設けられ、
お茶のサービスがありました。
緩やかな坂道を上がってきたので、嬉しい一杯。
周りの芝生でお弁当を広げている人もいます。
毎年恒例の行事になのかもしれません。

あー、穏やかな春の風景。


私のフィレンツェの宝物

作者:Kaorina

私のフィレンツェの宝物

フィレンツェ在住の筆者が日々の暮らしの中に溢れる宝物を気ままに綴っています。

7日 714 総合 3109 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Kaorinaさん新着記事

御室桜..
1年以上

桜便り..
1年以上



過去記事

Kaorinaさんへの新着コメント




ローマブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ローマより愛をこめて
2位 私のフィレンツェの宝物
3位 パスクィーノ ~ ローマの落首板
4位 食べて笑って喧嘩して 実況“イタリア生活”
5位 イタリアに恋して・・・
6位 R o m a ~ 世界遺産の街・ローマ ふぉと ぶろぐ ~
7位 HONOBUONO diary
8位 アウトローにローマ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ローマでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録