Welcome!

パスクィーノ ~ ローマの落首板

1年以上
  春のローマ。 イタリア独特の長い昼食時間なので、街には人影が殆どない。 そんな時、当時はローマで一番洒落た通りと言われていたヴィァ ヴェネトを 1組の日本人夫婦が歩いていた。   男の方は背が低く、帽子をかぶ、って、威張って歩いている。まるで 西洋の漫画に出てくる日本人そっくりだったが、その奥さんが素晴らしかった。 地味な着物姿で、夫より2歩後をついて行く。勿論足は白足袋に草履履き。・・・
1年以上

  会社の業務を兼ねてイタリアに来た若い女性。 依頼を受けて財界のさる有名人に紹介した。 通訳を兼ねて同行すると、件の女性、初対面の 紳士に向かっていきなりチャオと言って握手した。 相手は一寸面食らったようだったが、そこはうまく 対応してくれた。後で聞いたら彼女、イタリア語での 挨拶はチャオといえば良いと日本で教わってきたとのこと。 チャオは同僚だの親しい友人達の間での挨拶語で、 ・・・

1年以上
  やはり1人旅の女性。 若くて綺麗で、お金も沢山持っていた。 食事も最高クラスのレストランでばかり。   何回かお相伴にあづかったが、 たまにはこっちが払おうとしても払わせない。 デザートかコーヒーの頃になるとテーブルの 下からソッとお金なり財布を手渡してくる。   男女での食事の場合、男性が支払うのが 常識のエチケットをわきまえた人だった。
1年以上

  海外旅行は業務渡航だけに限られ、外貨も1米ドル 360円、 1英国ポンド 1008円、1フランス フラン 63円だかの時代に かかわらず、若い女性の一人旅も結構多かった。   ヨーロッパ中を歩いていた女性はローマに来るまでに 各地をまわってきたらしく、、北イタリアの海岸では ヌーディスト大会に飛び入りで参加してきたと言っていた。

1年以上
若い女性の一人旅。 ローマに赴任早々の独身生活であったので 初秋のある日曜日、彼女を誘ってナポリの方にドライヴに行った。  途中に銀の入江という美しい海岸がある。 車を停めて人影のない海を眺めていると、 彼女、波打ち際まで行ってみたいと言う。  車の中で待っていたら、暫くして帰って来て、 頭から水を垂らしながら、あまりにも素晴らしいので 全裸になって泳いで来たと言った。  ・・・

パスクィーノ ~ ローマの落首板

作者:pincopallino

パスクィーノ ~ ローマの落首板

イタリアの今、昔のこと、その他。 思いつくままに書いてます。

7日 26 総合 8688 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



pincopallinoさん新着記事



過去記事

pincopallinoさんへの新着コメント




ローマブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 けちけちイタリア徒然日記・甘辛い生活
2位 ルネサンスのセレブたち
3位 ローマで 素敵なことみつけよう
4位 イタリアに恋して・・・
5位 イタリアから・・・
6位 ローマより愛をこめて
7位 モシモシ日記 in Roma~ローマでB&B営業中!~
8位 ようこそ、Waytostay Japanへ!


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ローマでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録