Welcome!

イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ

1年以上

「アメリカン・クライム」は、作品が2006年にアナウンスされ、当時のインディアナ警察では大きな話題でした。

シルビア・ライケンスが虐待され殺された事件は、今もまだ市内では最も悪名高い犯罪であり、多くの書籍、雑誌、記事、さらには他の映画の主題となってきました。

アメリカン・クライムがリリースされた同じ年に、「ガール・ネクスト・ドア」が出ました。

名前が変更され、ホラー映画寄りですが、明らかにライケンスの事件に基づいています。

1965年、16歳の少女が数週間の間に、殴られ、飢餓状態におかれ、燃やされ、性的暴行を受け、拘束されました。

おまけに、 「私は売春婦、それを誇りに思っています。」という言葉が彼女のお腹に焼いた針で烙印されていました。

恐ろしいことに、これらの卑劣な行為の多くは、近所の子供たちによって実行されました。

わがままで悪い子に課せられた手の込んだ”罰”に参加していると信じる近所の子どもたちによってです。

映画の作成がローカルニュースになりました。

映画評論家ボニーブリトンによって、インディアナ警察のためのA級ストーリーだと報じられました。

しかし、インディアナ警察ということで明示的に設定し、トミーオヘイヴァー監督によって指示されているにもかかわらず、経済的理由のために別の場所で撮影されたということでした。

(インディアナ州は、フィルムインセンティブを持っていますが、同じようにインセンティブをオファーするほかの州のなかでも最も低いものです。)

「アメリカン・クライム」は悪名名高い事件を描写したため、ジュノで大ブレイクしたエレン・ペイジが主演にもかかわらず、劇場公開ができませんでした。

さらにインディーズ映画のクイーンであるキャサリン・キーナーや、ジェームズ・フランコ、ブラッドリー・ウィットフォード、マイケル・オキーフのような俳優についても言及されませんでした。

私はこの映画は不備があると思いますが、テレビデビュー以上を保証するのには十分な品質です。

映画の評判の理由は、シルビアに対する暴行を指揮し、その死の責任を問われた世話人ガートルード・バニシェフスキーの描写です。

ボニーは、ガーティーに共感していると述べたのを私は覚えています。

インディアナポリスでは、人がバニシェフスキーに同情していると言うことは、スターリンがお尻を叩くと言うのと似ています。

「アメリカン・クライム」はバニシェフスキーを擁護を呼び掛けているはずもないが、彼女の行動についてフェミニストの擁護があるかもしれません。

映画は、彼女を男達による虐待の被害者として描写しています。

描写はまた、”モンスター”におけるアイリーン・ウォーノスのシャーリーズ・セロンの描写 を彷彿とさせます。この映画は子供の手袋をはめた女性殺しの告発を描いたものです。

ここでの同一テーマは、女性がずっと経験するが発信されない虐待のサイクルです。

私はガートルード・バニシェフスキーとしてキャサリン・キーナーを起用したキャスティングについて何かを言わなければなりません。

古典的なハリウッド美女ではないですが、キーナーは目が優しくて綺麗です。

それは服装や紙がぼさぼさでほとんど化粧もしなかった映画の間でさえも。

実物のガートルード・バニシェフスキーは、あなたが今までに見た中で最も醜い生き物です。

あなたがもし彼女のイメージをGoogle検索したら、彼女の出廷のためにおめかししているときですら、恐ろしい風貌だということがわかるでしょう。

私はハリウッドの見当違いで俗受けする映画製作はどこかに行ってしまったと思っています。

このようなよく知られた犯罪に対する映画作成者のアプローチの問題点は、

オヘイヴィアーはアイリーン・ターナーと法廷記録に基づいて共同で執筆しているが、

言葉にできない行為を理解するのは大変困難なことです。

聴衆はスクリーンの中の登場人物に結びつけることができないのです。

シルビアの拷問の大部分は、他の子供たちの手によるものです。

バニシェフスキーのキャラクターにより大きく焦点を当てた代わりに、映画はシルビア・ライケンスを現実感のない無い記号のような地位に追いやりました。

彼女は単に虐待の器です。

ページによって演じられるように、シルビアはよく教会に行く女の子です。

でも、バニシェフスキーの長女のポーラが広めた噂で責められます。

シルビアと彼女の妹ジェニーはガーティーの世話になり続けます。

シルビアは、タバコで彼女の腕が焼かれるほど罰がエスカレートたとしても抗いません。

そして虐待はひどくなっていきます。

彼女はもはや人ではありませんでした。

虐待を受ける器、物のような扱いだったのです。

彼女が無実で何か悪事の濡れ衣で責められた時、なぜ抵抗しなかったのか、私たちは決して理解できません。

「アメリカン・クライム」は、一つの注目すべき効果を発揮しました。

東ニューヨークストリート3850番地の殺人が行われた家は、ほとんどの時間空き家でしたが映画のタイトルが広まったころ、世間の関心が新しくなりました。
家屋荒らしや窃盗犯が侵入したのです。建物は傾き最終的に昨年取り壊されました。

さて、U-NEXTは、海外ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。



1年以上

性的だけど勇気が出る「アウトランダー」と「ガールフレンドエクスペリエンス」

恐らくあなた方は、“スターズ”が普通のポルノライブチャンネルとお思いでしょう。

“シネマックス”は、マニアックでありながら、プレミアムケーブルチャンネルとして、出演依頼をした女優たちに主旨を理解してもらうように説明しています。

“スターズ”は、アメリカのTV局“HBO”と、動画サイト“SHOWTIME”とは違う“専属の”サイトという風にまとめられやすく、最近まではネットワークがアカウントを得るために、“NEtflix”の12本以上のコンテンツ発表と、“SHOWTIME”の長寿コンテンツと比べると、オリジナルの2番煎じの作品制作が未だに続いている状態です。

“スターズ”のほぼ全ての主力作品と、未編集の主力映画の目玉は文学とエロスを分離させたベッドシーン(少なくとも“coupling”に出てくるサリー・ハーパーはそれを体言しています)がメインとなっています。

よく練られたコンセプト、資金をかける大作、キャラクターの感情や関係を交えながらベッドシーンを多く挿入しており、はじめは他の局と比べてヌードシーンが比較的に多く見られます。

スターズはとても性的シーンの多い“ボス”から“スパルタカス”まで非常にヌードシーンが多く、最新作の歴史的フィクション小説から着想を得た“アウトランダー”というテレビドラマではその小説よりもさらにベッドシーンの多い作品となっています。

それから日曜日にスタートする“ガールフレンドエクスペリエンス”は高級コールガールの人生を描いた作品ですが、悪趣味な作品になるのを避けるために、リリー・キョーの胸に関しては、制作進行上、後回しにされるでしょう。

しかし、スターズの主力作品には、ヌードというよりベッドシーンに重きが置かれています。2014年には作家モ・リャンがドラマ“アウトランダー”のベッドシーンについての評論を書いていて、そのベッドシーンを野獣たちの晩餐という評価をくだしました。

やがて、(“アウトランダー”の)ヒロインは、行為を経験しますが、そのシーンには、“性欲”をそそるカメラアングル、セクシーな証明、一瞬の絶頂シーンなど、オーソドックスな方法が使われていません。

ジェイミーはもっと激しくすべきかどうか迷う中、クレアはジェイミーがひょんなことからクレアを好きになったという事を指摘し、行為がそこで終わり、結果的にはベッドを共にしたという真実と痛みだけが残るデートとなってしまうのでした。

それと同時に新鮮な何かを得るのでした。

“女性の視線”という事場はつかみどころのないもので“それが何なのか”は分からないものの、“男性の視線”とは違うのはわかるのですがはっきりしているのは、このシーンが女性の期待と希望を反映しているという事です。ハンサムの王子と結ばれたいという望みと大差ないのです。
“アウトランダー”の結婚のエピソードでは女性の望みを愛のあふれる行為で満たすという他の作品では見られない演出がなされていて、物語が進むほどに家長制度時代の女性の価値観を反映させる演出に拍車がかかります。

“アウトランダー”は有り得ないほどいやらしいやつが紀元前にしては出くるけど、すごく興奮する。と、ジェニーは評価をくだしています。

実現こそがエンターテインメントの醍醐味です。数多くの番組がファンタジーの解釈に力を注いでいます。“アウトランダー”そして“ガールフレンドエクスペリエンス”は、互いの作品の女性の“理想”を唱える目的をもって作られたのでしょう。

キャサリン・リャンは、彼女の出演する作品の胸の露出量についてジョークを飛ばしていて、特にこの2つの作品は“胸”が多く写っていますが、それは単に性的目的の為だけでなく、なんらかのメッセージをも込めているのです。

土曜日に始まった“アウトランダー”のセカンドシーズンでは、“幸せな結婚生活を送っている女性が、時をさかのぼり、結婚を強制され、そして彼女に恋をする若者と情事におちる”という独特な展開となっていて、更には、原作者ダイアナ・ガバルドンの挑発的なユーモアが盛り込まれています。

クレアとジェイミーは灰色のスコットランドから、ルイ14世の当地するヴェルサイユ、そして美しい都パリへと向かいます。

キルトとスポーランもシルクとキャレージに変わり、愛の欲望がうずまくブルボン王朝のフランスを意識した、豪華な衣装が見物です。完全にフィクションになりつつも、貴族でもあるクレアとジェイミーもその世界に溶け込みます。

“アウトランダー”のファーストシーズンは砂まみれのスコットランドの高地で、贅沢を極めたフランスと正反対の地が舞台でした。
クレアとジェイミーは史実上の人物や架空の登場人物、そしてフランスに魅了されていきます。

そしてその奇妙な交わりが自然な形で練られていて、部屋の中でクレアが義母とぶつかったときに時代が変わるなど、ファンタジーはとても美しく、そして無限の可能性を演出します。

それにそって、歴史面でなく歴史上の人物の妻、母、恋人や少女にスポットライトが当てられます。

一人のフランス人女性が自分の姪と友達に見られながら脱毛をし、シーズン後半では、あらゆる方法で中絶しようとし、女性の選択権の存在に気付きます。

よそよそしく上品で、思想的、“ガールフレンドエクスペリエンス”から“サジェステッド・バイ”までの2008年のスティーブン・ソダーバーグの作品と比べても色あせない作品です。

“アウトランダー”がバロック朝を意識した世界であれば、“ガールフレンドエクスペリエンス”は、みじめで、現代の不純な交遊が行われる、まるで“幻想的な恋”も仕事になるシカゴのような街を意識した世界観となっています。

クリスティーヌ・リードは、法律学校の2年生で金におぼれ、売春婦としての生活に興奮を覚えている女性で、その前は見られる事に喜びを覚える少女でした。

最初の話で性行為の前や絶頂を迎える前にパートナーに“自分を見て欲しい”とねだるシーンがありますが、この“見る”が“見られる”かの緊張が、このドラマの“中心”になります。

クリスティーヌは意図的に数千ドルをも男に払わせる程の美貌をキープし、それと同時に男たちを興味、嫌悪、もしくは退屈なものという対象としてみるのです。

そして彼女も自分自身を“見つめて”いるのです。

シリーズの初期の方では、そこから彼女の撮った“写真”のギャラリーを眺めて、彼女のウェブサイトにぴったりなイメージを探し出すというシーンがありました。

そこから彼女は、“彼女が自分である”というイメージを切り捨て、他の“女性”である“自分”を叩くようになっていきます。

そのドラマのクライマックスで、彼女自身が自分を“男たちの欲望と恥を映し出す物”としてみなすようになっていくのです。

クリスティーヌは“空想の人”と、“その空想を生きる人”にもなりうる人物で、“主体”と“対象”を分けられるように、物語を“可能にさせる”のと“客観視する”という風に置き換える事もできます。

そもそもタイトルが、男たちの権力の中にある“妄想”を抉り出すもので、クリスティーヌは男の望みをかなえる代わりに、大金を得ます。

女に付きまとう男と名も無い売春婦のドラマが、“トゥルーディテクティブ”の様な犯罪の目撃者が出てくる“ソプラノ”の様にギャングの物語がメインとなるドラマが築き上げたイメージを1から作り直したのです。

全ての男たちを魅了させながらも、彼たちを“観察”し、“調べる”クリスティーヌを演じるキョーは、エルヴィス・プレスリーの孫娘で、姿やスッとしていて前に突き出した眉毛がそっくりな女性です。

“ガールフレンドエクスペリエンス”の世界観は不安定で、クリスティーヌの気力があやふやになったり、活発になったりドラマ的にも目が離せません。

キャラクターの行動がこの作品の裏をかくような演出になっていて、その演出がクリスティーヌの今の問題をも抉っていくため、彼女が“心が開けない女性”というイメージが成り立って生きます。

それが彼女の“本質”との違いを見せる“手法”なのです。彼女はこの“世界”の流れを心配していて、法律学校のインターンとして、闇雲に行為におぼれるのではなく、法と犯罪についての興味を明らかにしていきます。

そんな彼女が情事におぼれるのは、彼女が欲する魅力、金、そして人脈を売春婦として得るという認識があるからで、その願望を“ネットワーク”という上の“つながり”を用いて実現していくのです。

スターズは、普通の市長や、ましてや女性、アフリカ系アメリカ人(過少報告された大勢の人々)もしくは多くいるだろう海賊(これはやめておきましょうか。“ブラックサイル”の主役のジョン・マルコヴィッチのファンが怒りますね)からの支持を得ようとはしていません。

作家陣には、去年に脚本を書いたヴァルチャーの、ジョー・アダリャンがいます。

(スターズのCEOクリス)アルブヘレトは視聴者の分離を防ぐ為だけでなく、更なるスターズの発展の為のプロジェクトに専念する事を決定しました。

“色々と調査していたが、視聴者の方々はどうやら”観る事が出来る“というより”観させられている“と意識しているようです。そこで、その視聴者をターゲットにして、ファンを開拓できる土壌をある程度作っておいて、作品の向上案を言い合える場にしようと言ったんです。”と、アルブヘレトは表明しました。

最後に私は、海賊やアフリカ系アメリカ人の事については何もいえませんが、女性として、スターズの“アウトランダー”と“ガールフレンドエクスペリエンス”の2つの作品には、女性視聴者も対象の空想の話を伝えるのに必要な情事、暴力、高価なセット、伝承的な才能、この4つの要素がちゃんと含まれた作品だと言えます(ほとんどの女性はともかく、この2つは希少な体験をした女性、貧乏な女性、黒人女性だけをたたえる作品ではありません)。

しかし、それを“暗示”しているように見える部分があり、この2作品の性的描写には感情移入をさせたり、視聴者に“出来る”という力をわかせるようなシーンがあります。

これら2つの作品は女性スタッフの努力が実った作品で、製作総指揮者のアンヌ・ケネディーと監督のダイアナ・ガバルドンの小説にもあったウェディング・情事のシーンを支持していて、エイミー・セイメッツ脚本・監督・主演のTVドラマ“ガールフレンドエクスペリエンス”や、前述したように女性のセンスが前面に出ていて、スターズのポルノ民主的なトーンを出すようになりました。

胸が全てではないけれども、胸はとても大切なものでもあるんですね。

さて、U-NEXTは、海外ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。



1年以上

サイバー監視の世界における自警団ヒーローと巨大な陰謀という高いコンセプトが融合された本作品は、政府や有力者が全ての人々を監視しスーパーコンピューターが人々のデータを参照しているこの現代世界におけるミステリーパズルとして、2011年に大ヒットスタートしたが、ここ数年は少しずつ視聴率が下がっていました。

短縮された最終シーズンの13話は、2016年初夏に封切りされました。

あなたが視聴率で測るなら、それだけの結論になってしまいますが、このドラマシリーズを見続けた誰もがそのクオリティは決して落ちていないことを知っていますし、登場人物はさらに魅力的になっているますし、最終シーズンは長年のファンの期待に十分応えているといっていいでしょう。

エピソード:国土セキュリティ監視システムは、国家安全保障への脅威を追跡し、直接的に識別しています。私たちのヒーローは、政府によって無視されてしまう小さな個人的な脅威を追いかけるフリーランスの正義の味方です。

そして、パーソンオブインタレスト=参考人、それは被害者や加害者のいずれかですが、

犯罪を阻止できるように参考人を発見するのが仕事です。

これはもちろんサイエンスフィクションですが、角の立った仕事をなす十分な現代技術と豊かな世界観があり、それをやり遂げるあり得ないヒーローのダイナミックなキャスティングがあります。

ジム・カヴィーゼル(パッションでは神の子イエス・キリストを熱演)は、強く激しい男ジョンリースを演じます。

リースは政府に使い捨てられ死人のように生きる元CIA特殊工作員だがコンピューターの天才で、監視システムを構築した億万長者のフィンチの手によって再び覚醒し行動します。

フィンチにはほとんどプロフィールが無く、誰も彼の存在すら知りません。

フィンチはリースに目的を与え、ニューヨーク市の路上生活にクールで敏腕な戦闘員になります。

リースは無垢な人間を救うため、悪者を撃つことを恐れないバットマンのようになります。

このストーリーはおそらく偶然ではありません。

クリエイターのジョナサン・ノーランは彼の弟クリストファー・ノーランのバットマン三部作を共同執筆しています。

ゴッサムシティの腐敗は、腐敗がNYPD(ニューヨーク市警察)の最上部にまで浸透しているという彼の現代ニューヨークの世界観と重なっています。

ここでのルールの例外は、刑事ジョス・カーター(タラジ・P・ヘンソン)であり、彼は自警団ヒーローの追っ手でもあり、味方となります。

最も興味深いのは、徹底的に腐敗した刑事のフスコ(ケビン・チャップマン)です。

彼は先のエピソードでは警察バッジを所持する殺し屋です。

だが、フスコはまだ生かされ、リース達のサポート役として奉仕させられていました。

シーズンを通じて、彼もまたヒーローとして働く目的を見つけたのです。

この番組は、流れていくストーリーと古典的な犯罪テレビの自己完結型のストーリーとがうまくマッチしています。

各エピソードは、一話完結のエピソードだが、リース、フィンチ、さらにカーターの背景ストーリーが時折フラッシュバックで明らかになっていきます。

謎のねじれたストーリーは、才気あるタッチで描かれていて、二律背反な英雄は素晴らしく謎めいており、洗練されたアクションシーンは、野獣のようなパンチ力を持っています。

シーズン2は、政府の陰謀、腐敗した警察、反乱活動家と孤高の天才ルート(エイミーアッカー)のストーリーが深まっていきます。
ルートはマシンのマスタープログラムを自由にしたがっています。

しかし、さらなる興味はジョンとフィンチを拘束することです。

カーターとフスコのニューヨーク市警の仲間関係、プログラムの成長、意識を持った人工知能の成長が描かれています。

シーズン3はチームに別の仲間が加わり(クールで有能な元CIA暗殺者サラ・シャヒ)、ルートは味方になり、さらに信頼され愛される仲間が劇的に殺されます。

このシーズンは、第2のシステムとなるサマリタン導入により、陰謀の監視という側面を広げていきます。

サマリタンは影の国際組織によってコントロールされていますが、エンジニアとテロリストの計画によりアメリカ政府に売却されます。
そしてファスコはリースを説得しチームに取り戻します。

シーズン4では多国籍企業を装った秘密結社に運用されるサマリタンの手に、政府が監視装置を委ね、チームをアンダーグラウンドに送り込みます。

サマリタンは我々のヒーローを最初のターゲットにします。

中盤では、ギャングの帝王(予想外に魅力的なストーリーライン)の相手をすることになり、囚人になっているかもしれない仲間を探します。

5番目の最終シーズンは、「マシン」を救い、最強の「サマリタン」から「マシン」を守ります。

そして誰もがこのシーズンを生き残るわけではありません。

チームメンバーの崇高な自己犠牲は番組を説得力あるものにしています。

技術的な視点が素晴らしく、技術の良い可能性と悪い可能性、監視社会の隠喩、プライバシーが侵略された安易な写真、責任を持つ門番のタイムリーなリマインダーなど、サイエンスフィクションのたとえ話として満足のいくものになっています。

そしてもちろん、賢く巧妙に構築されたスリラーTVドラマの一つとして、素晴らしい物語です。

しかし、この番組の基礎は、そのキャラクターと複雑な徐々に発展するチームメンバー間の関係であります。

リースのフィンチへの無条件の献身、ファスコの進化、ルートのマシンへの揺るぎない奉仕からチームメイトへの責任感へのシフト、ドラマの予想外のストーリー。

そして、一体何が正しいのか・・・疑問がやむことはありません。

さて、U-NEXTは、海外ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。



1年以上

スーツ、シーズン4初回の「ワン・ツー・スリー・ゴー」ではハーヴィとマイクはまだうまくやれていない様子。そんな中、レイチェルは板挟みの状態に、ルイスは新しい競争相手を見つけているようです。

時々私は(ライターとしてではなく)純粋な視聴者になってしまうのですが、この気質には自分でも笑ってしまいます。実際のところそういう気質のおかげで驚きに出会えるのでこの仕事には向いていると思っています。

だってお気に入りのドラマの展開すべてを予想できるなんて何が楽しいのでしょうか?

例えば、私は前シーズンの後はハ―ヴィとマイクがまた一緒に仕事をしているところや、色違いのジャージを着ているところを想像していました。

ですが、実際はハ―ヴィが絶対クライアントにやらないような態度でマイクを子ども扱いしています。ハ―ヴィは自分の気持ちに向きあうのが決して上手なわけではなく、私が思うに見捨てられたという気持ちが彼を傲慢にさせているのでしょう。

いろんな意味で、この数年の間にマイクはハ―ヴィを穏やかにさせています。ハ―ヴィがマイクに気を許したことで、結果的にスコッティが彼に近づくきっかけにもなったと思います。

なので、マイクとスコッティが離れてしまった後、彼がまたもとの気難しい男に戻ってしまうのをだれが責められるでしょうか?

そのことが彼の態度のすべての言い訳になるとは言いませんが、少しは説明がつくのではないでしょうか。また、私はマイクの復讐に関しても責めることができないなと思います。

彼は彼自身のスキルを証明しようとしていて、ハ―ヴィにコケにされ続けるわけにはいかないのです。しかし、彼の新しい仕事も長くは続かないのでないでしょうか。

彼の上司はすでに嫌な奴(しかもハ―ヴィみたいに楽しい奴ではなく、本当の意味で)で、マイクの契約より人を優先させるやり方には真っ向から反対しています。確かに、ハ―ヴィはマイクの性格がたまに癪に障るようでしたが、マイクはそれでもいつも彼を味方につけていました。

いつもハ―ヴィとマイクの板挟みになってしまうドナとレイチェルには毎度申し訳なく思います。悲しいことに、これは止まることはなく、予想では物語が進むごとにどんどん複雑になっていきそうです。

同じように、ハ―ヴィの助言を聞いたがために毎回自業自得に陥ってしまうルイスも可哀そうです。

マローンとジェシカの二人は素敵な関係を気づいていますが、(それに、BuffyのスターであったDB・ウッドサイドとFireflyのスターだったジーナ・トーレスを一緒に見られるのは何て素敵なことなのでしょうか。)逆に、ルイスとジェシカの彼が対立してしまい、ルイスが仕事を失うのではないかとひやひやしています。

たしかに、彼女はマローンが事務所で働くということは、彼らの関係が終わることを意味すると言っていましたがそれに対しては、「ふーん、そうなのか?」といった感じです。

お気に入りのシーン:(冒頭から時間軸と共に進んでいます。)

本当にずるいですね。また、シャワーシーンでのカメラワークにやられるところでした。

「“イェス”のほうが“ノー”から始まるより断然ましだ。」

ドナはいいところで登場してくるだけでなく、それも彼女の計画のうちだそうです。

わー、マイクにもドナのような人がいるようです。なんだかかわいいですね。

「私が高校生の時はムースを使っていたのよ。あれは90年代だったわ。」
「ほんとう?」
「そう聞いたのよ。」― 本当に面白い。

「もし、3時間前に俺が何をしていたか知ったら、今会いたいと思ってもいなかっただろうよ。」
「三時間前あなたがなにをしていかぐらい知っているわよ。」
「だったら、くればよかったのに。」― やんちゃなハ―ヴィ、本当に好きです。(笑)

もう、同じ意味で「朝の会議」を聞けないですね。

ハ―ヴィが「バウ、チカ、バウバウ」(エレキギターを演奏する真似)をしています。

マイクがベストを着ているのはとてもかわいいですね。でも、なんだかハロウィーン用にハ―ヴィに仮装したみたいです。

ハ―ヴィとマイクがプリンセスブライドの一節をやっています。完璧。

ドナがマイクに独特な駐車券を渡しています。

ハ―ヴィがルイスにデートのアドバイスをしています。

ジェフ・マローンがジェシカのシャワー室にいたのと同じ男であることをにおわせています。

「彼はくそ野郎だ。」
「やっと、意見が一致したみたいだな。」

ハ―ヴィはマローンのことを気に入ったようです。

これは私だけでしょうか?「ピアソン・スペクター・リット」すごくいい響きだと思います。

マイクがハ―ヴィに彼のアシスタントになるためにどれだけ大変だったか説いています。

ハ―ヴィが―レイチェルが正しかったといった時の彼女の反応。というか、もちろん彼女が正しいのですが、それにしてもドキドキしました。

「ドナ、誰も上から目線のやつなんか好きじゃないさ」
「そうね、だったらハ―ヴィスペクターの上から目線大学は今日で閉鎖ね。」― 待ってください、ハ―ヴィスペクターの上から目線大学なんて、あるのですか、私も入学したいですね。

ハ―ヴィがドナの言い分を認めた?これは世界の終わりですか?

ルイスがプルーンスムージーを発明していたことに驚きはないですね。(笑)

「なんてこった。」―こんなところも私がルイスを好きな理由の一つです。(※Shmuck me!はなんて馬鹿だという言葉ですが、このシーンでルイスは相手<ジェフ・マローン>のことを軽蔑する意で使っています。)

ルイスはカトリーナが彼に名刺を渡した途端、我を忘れてしまいます。私はこの瞬間を心待ちにしていました。

やっぱり、ジェフ・マローンとジェシカは恋人の関係でした。あの会議ではただならぬ感じがありましたからね。

エイミーはハ―ヴィに拍手を送りました。なんだか彼女のことも好きになりそうです。

ハ―ヴィが帰宅したところ、キッチンにいるジェシカを見つけます。

ハ―ヴィはジェシカが“朝の会議”について触れたとき、彼ら自身のことだと思います。惹かれているのでしょうか?

「私が今裸でいるところを想像してるの?」
「たぶん・・・そう?」

ジェシカはハ―ヴィにトイレに長くいてはだめよと忠告します。(笑)

レイチェルはハ―ヴィに対して彼の言葉を引用しています。よくやった!

あれ、え?レイチェルはローガンのことを知って・・・る?

ハ―ヴィとマイクは喧嘩状態?あぁ、まったく。

すごい!私もノってきました。私はレイチェルとローガンが恋人だったこと見抜きましたよ。

さて、テレビだけでなく、スマホでも楽しめる海外ドラマや映画が日本最大級のU-NEXT、今なら30日間無料でお試し視聴ができます。
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

1年以上

Bones -骨は語る-のミッドシーズンが1月14日に初放送されました。本回は、番組の長所に立ち返って、滑稽なキャラクターの魅力にあふれていました。それは「輝く骨の秘密」の冒頭から明らかでした。

スイーツ博士(ジョン・フランシス・デイリー)は、安っぽい幽霊探しの番組を見ながらポンポン言い返していましたが、幽霊のようなものの発見でひどくショックを受けます。

しかし、実際にはそれは殺されたダンサーの光輝く死体であり、このことは本エピソードに奇抜なユーモアをもたらしました。

特に、ブース(デヴィッド・ボレアナズ)とボーンズ(エミリー・デシャネル)が「バック」と「ワンダ・ムースジョー」という偽名で被害者の競争相手を調査するために社交ダンスの競技会に参加したときには、キャストのコメディスキルが前面に押し出されました。

この設定は、ブースとボーンズの間抜けな側面を探求する機会を与えただけでなく、クロスオーバーエピソードである「アメリカン・ダンスアイドル」の前回出場者と審査員をゲスト出演させ、これらのファンにもアピールしました。

「アメリカン・ダンスアイドル」の審査員として1stシーズンから出演しているメアリー・マーフィーは、落ち着かなさと自己愛の混じった本人役を演じました。

「アメリカン・ダンスアイドル」に出てくるもう1人の審査員であるタイスディオリオがほとんど黙っているのに対して、マーフィーは彼女の特徴である「セクシー列車」の応援で自分の番組をさりげなくほのめかしていました。

これとは対照的に、クロスオーバーのダンサー達は、ボーンズの殺人捜査に信憑性を与えました。ディミトリ・チャップリンは、被害者の元パートナーであるケンドリック・マンとして、見事なダンススキルと素晴らしい演技によって生意気な姿を披露しました。

コンテストのチャンピオンであるチェホン・ウェスピ – チョップ とエリアナ・ジラール含む他のダンサー達は、ブースとボーンズの構成の背景として出演しました。

ダンス愛好家であることが判明したブースに導かれた、デシャネルの遊び心いっぱいのパフォーマンスは、ブレナン博士のめったに見られない楽しく風変わりな一面を明らかにしました。

ボーンズが他の競技者やブースからの情報を真似して動くので、古典的でコミカルな動きが生み出されました。ここでもボレアナズは、とても真剣で感動的かつユーモラスなシーンで彼の能力を示しました。

全ての役者がこれと同じように適応しているわけではありませんでした。ミカエラ・コンリンは、かつては自由奔放な女性であり、今は制約されているアンジェラの変化と格闘し続けました。

このエピソード中、アンジェラはかなり前から殺人者を逮捕する助けをするより「本物の」芸術家に戻りたいと思っていたと仕事に不満をもらしていました。

母親になった後、本能的な側面を失って塞ぎ込んだアンジェラは、もはやチームの一員としてうまく適応しておらず、ボーンズ達は彼女が去るべきだとはっきり示しました。

一方、アンジェラの夫であるホッジンズ(T.J.サイン)は、以前と同じようにエキセントリックでした。重要な部分は実験的なカメラワークを通じて強調されました。

あるショットは、スパムの空き缶数十個を見つけるために、ホッジンズの研究室へ歩いていったウェンデル(マイケル・グラントテリー)の視点を追いました。

ウジに覆われた人型スパムブロブの上にうずくまり喜ぶホッジンズの方を向き、彼に近づいたとき、「驚くべきものを見つけた」と宣言するマッド・サイエンティストのようなホッジンズがズームになりました。

サインの話し方の強さとズームのエネルギーとが対になって、私たちをホッジンズの興奮ともウェンデルの不安とも共感しやすくしてくれました。

ブースとボーンズのオーディションのシーンもまた、視聴者を熱中させるカメラワークを使用していました。

カメラがダンサーの周りをスピンするように回り、夢のようなフィルターと照明は、滑稽なフォックスロットから夫婦間の感動シーンへと変わりました。完璧な愛の映像はその時で止まり、私たちは両者の間にぬくもりを感じました。

ボーンズがダンスが終わったら何か特別なことをすべきかどうかと尋ねたとき、ブースは「終わったりしない。いつもこのようにしよう。ただこのように」とその必要がないことを保証しました。

シーズン8の特色をよく示す次話が続きますが、「輝く骨の秘密」はそのスタイルの片鱗を示しました。ゲスト出演は面白く、カメラワークは独創的でした。

しかし、このエピソードの本当のメリットは、Bonesの人の心を引き付ける滑稽なユーモアへ立ち返ったことにありました。

さて、テレビだけでなく、スマホでも楽しめる海外ドラマや映画が日本最大級のU-NEXT、今なら30日間無料でお試し視聴ができます。
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ

作者:ローマナビ

イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ

イタリア・ローマからガイドブックには載っていない隠れスポットをご案内♪イタリアの旬を満載してお届けします!

7日 36 総合 3754 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ローマナビさん新着記事



過去記事

ローマナビさんへの新着コメント




ローマブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 けちけちイタリア徒然日記・甘辛い生活
2位 メディコール日本語サービスmisaのブログ
3位 パスクィーノ ~ ローマの落首板
4位 ローマで 素敵なことみつけよう
5位 ルネサンスのセレブたち
6位 ようこそ、Waytostay Japanへ!
7位 イタリア旅行を1000倍楽しむ!ボンジョルノ!ローマ
8位 ローマの花嫁。


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ローマでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録