Welcome!

ルネサンスのセレブたち

リストに戻る

133日前
portus roma
グロセートの海に残る古代ローマの遺跡。海水にさらされることで、年月とともに強度が高まるという古代ローマ時代の建築物の一例。



夏休み真っ最中です。

日本からイタリアに戻り、その一週間後には娘は義弟夫婦がいるスウェーデンに姑と旅立ちました。
それまでの一週間、私と夫の検診、娘の眼科検診、歯科検診、さらに両親のいずれもともに旅行しない未成年者の為の警察への書類申請、などなど毎日とびまわってヘロヘロでした。

毎年7月は海でバカンスを過ごす姑と娘ですが、子供が生まれてスウェーデンで過ごすことが多くなった義弟夫婦のもとで7月を過ごす、と姑が言い出したのはいつごろでしょうか。
いくらなんでも海外に娘を姑と送り出すのは私も心配で、最初は反対しました。
「なにかあっても、すぐに駆けつけられないし」としぶる私に、「なにかって、なにが起こるの?大丈夫よー」と姑。
娘は、陽気な伯父(つまり私の義弟)と自転車や船遊びをするのが楽しみで、「ママ、私は行きたい」と言い出す始末。
日本から戻り、警察への申請と書類の受け取りが間に合うのか、間に合わなかったらそれまでだ、旅立てなかったらこれ幸い、くらいに思っていた私ですが、フラスカーティの警察署は、「まったく、この時期はパスポートや未成年者の旅行許可証の駆け込み申請ばっかり」と愚痴りながらも、出発の前日にはきっちり書類を揃えていました。

最高気温は24度、朝晩は15度という義弟夫婦が住む海沿いの家で過ごしている娘は、毎日スカイプで「海の水が冷たい」「今日はピクニックに行った」「補助輪なしでもうすぐ自転車に乗れる」と楽しそうで安心しました。

娘がいない合間に、普段はなかなか手がつけられない部屋の片付けや仕事をしなくてはと気は焦りますが、家の中をすうすうと抜けていく風を感じていると、ついつい手を伸ばすのは買ったまま読んでいない書籍。
このまま、2週間などあっというまに過ぎてしまうのでしょう。

話は変わって。
ここのところ、ポンペイの新たな公開場所のニュース、またメトロC線のサン・ジョヴァンニ駅が電車は開通していないのに古代ローマの遺跡が並べられて公開されたニュースなど、古代ローマ関連のニュースをよく目にしました。
今日書くニュースは、夫が「まったく、人間が作り出す文明は進歩してるのか退化してるのか」とぼやきながら教えてくれた記事からです。

数世紀を経ても崩れ落ちない古代ローマの遺跡の数々、そのコンクリートの秘密が明らかになったのだそうです。
キーワードは、「海水」。 続きを読む

コメント

ルネサンスのセレブたち

作者:cucciola

ルネサンスのセレブたち

歴史・美術・本。ネクラな趣味に生きるローマ在住ジャッポネーゼ

7日 24 総合 633 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



cucciolaさん新着記事



過去記事

cucciolaさんへの新着コメント




ローマブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 artevitaのブログ
2位 イタリアに恋して・・・
3位 HONOBUONO diary
4位 イタリア至上主義
5位 アウトローにローマ
6位 ローマより愛をこめて
7位 R o m a ~ 世界遺産の街・ローマ ふぉと ぶろぐ ~
8位 ルネサンスのセレブたち


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ローマでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録