Welcome!

MIKAのBLOG Dolcissima Vita

リストに戻る

1年以上

1918年の東京を見た飛行機


ローマの北、ブラッチャーノ湖の湖畔には空軍の歴史博物館があります。

昔は基地だったそうですが、なんでわざわざ湖畔なん?

今でこそ、はちゃめちゃな国というイメージがありますが、大昔から工学、機械工学がめちゃ強い、数々の天才を生んだ国でもあります。

古代ローマ軍も、遠征で行った先でどんどん道を作り、橋をかけ、ルネサンス時代には空を飛びたいと思ったレオナルド ダ ヴィンチだっている訳で。

その才能はつい、この前まで脈々と受け継がれていた訳で、戦争前のイタリア空軍、着陸(着水?)離陸(離水?)が可能な水陸両用の飛行機を作るのが上手かったんであります。
長い滑走路がいらないので、湖面からね、びゅーんと飛んで、びゅーんと帰って来れる訳。
お腹がなんだか船っぽい飛行機が歴史博物館の入り口で見学者さんたちをお出迎えしてくれます。

最初は「空軍歴史博物館にお散歩に行こう!」と誘われたときは、いや・・・・あたし、ちょっと軍関係、興味ないし、それよりはローマのストリートフード祭りに行きたいと思いましたが、予想外に興味深いものが一杯ありました。

空軍歴史博物館って、一体なにを展示しているのか?と思いきや、まじに飛行機がそのまま展示。日本とイタリア間を旅客機で行き来をしてますが、それ以外の飛行機をこんな間近で見た事がない。

しかも初期の初期の羽部分がこれって・・・・・紙?という辺りの時代のものから、最近の戦闘機まで。
中にはなんと100年ほど前の1918年にローマから東京まで飛んで来た飛行機まで!

機体は木です。よくぞ東京まで飛んで来られたよね。
先ほども書きましたが、イタリアは機械に強いんです。
よくこんなものが東京や、ブラジルまで飛んで行けたな・・・・・・と思って見るとエンジンが、フィアット社製とかアルファロメオ社製。

え?

あっそっか。飛行機も車もエンジンはエンジンよね・・・・・と妙に関心しちゃいましたが、戦争前にすでに飛行機の世界スピード競争で何度もイタリアは輝かしい成績を納めているんです。



エンジンがアルファロメオ社だから?なのか、
機体もアルファロメオ レッド。
ファシズム時代の飛行機なので、マークもファシズムマーク。



戦争前って90年、80年前で600kmとかってすごいよ。

イタリアはエンジンを作るのが上手かったので、機体が小さいけど長く飛べる、しかもお腹にちゃんと爆弾搭載で重量を持ったとしても大丈夫という優れものも多く、得意技は飛行機の前、そしてそれぞれの翼の3カ所にエンジンがある飛行機だったそうです。

機械音痴の私は、なにがすごかったわけ?と聞いちゃいましたが、3つエンジンでバランスを保つというのは他の国ではできなかったらしい。



あれ? フェラーリ・・・じゃないよね。


なるほど、イタリアってやっぱり職人技がすごい国なのね。と納得している私の横で、そう説明してくれたエンジニアたちが、「俺たち、こんなにすごい技術があったのに、なんで戦争に負けたかな・・・・・・。」とがっくり肩を落としておりました。

私は日本の特攻隊が使っていた戦闘機は見たことがないけど、確かにイタリアのは素材もそして技術も良いものが使われていたと思います。

うーん。政治が悪かったんだよね・・・・と元同盟国の私は慰めるしかできないけど。



最近の戦闘機の一番先っぽ。あんまりその前に立つのはいい感じがしない。










人気ブログランキングへ

コメント

MIKAのBLOG Dolcissima Vita

作者:MIKA

MIKAのBLOG  Dolcissima Vita

イラストレーターmikaのどきどきイタリア、ローマの片田舎の生活をご紹介します。

7日 11 総合 872 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



MIKAさん新着記事

祝 2歳..
1年以上

野生の王国..
1年以上



過去記事

MIKAさんへの新着コメント




ローマブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 メディコール日本語サービスmisaのブログ
2位 ローマより愛をこめて
3位 ルネサンスのセレブたち
4位 ローマの花嫁。
5位 けちけちイタリア徒然日記・甘辛い生活
6位 artevitaのブログ
7位 モシモシ日記 in Roma~ローマでB&B営業中!~
8位 MIKAのBLOG Dolcissima Vita


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ローマでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録